国際キャッシュカードのメリット・デメリット|得する両替・換金方法

国際キャッシュカードのメリット・デメリット|得する両替・換金方法

国際キャッシュカードのメリット

慣れない海外滞在先での旅行、出張、留学など様々なシーンで役立つのが、国際キャッシュカードではないでしょうか。

 

国際キャッシュカードの第一のメリットとしては、世界各国の滞在先にいながら、それぞれの現地通貨を街中のATMで簡単に手に入れる事が可能です。

 

必要最小限だけの現地通貨を引き出す事ができ、いちいち日本円から両替する手間や多額の外貨を携帯する必要が無いので、詐欺や盗難などを防止できます。

 

何より、国際キャッシュカード提携の海外ATMは利用者の事情を考慮し、年中休む事なく稼動しており、24時間何時でも好きな時に現地通貨を直接引き出せます。

 

また自分の預金口座からの現金引き出しなので、お金の無駄遣いを防ぐ事にも繋がり、クレジットカードでキャッシングして利息がつくよりも、手数料を抑えて出金がしやすいです。

 

尚、国際キャッシュカードは日本でも馴染みが深い三井住友銀行など大手銀行からも発行しているので、カスタマーサービスの盗難トラブル対処にも安心と信頼感があり、急いで海外に持参したい場合も発行手続き時間の短縮に協力的です。

 

クレジットカードと同様に紛失や不正使用された場合も、すぐに利用停止はできるので、不安感なく日本で現金を引き出すのと同じ感覚で気軽に利用できます。
海外の生活において健全にお金の管理をしたいなら、国際キャッシュカードの利用は非常に価値が高いでしょう。

 

国際キャッシュカードのデメリットについて

 

海外旅行に行くとき、新たなお金の持っていき方として、国際キャッシュカードという選択肢があります。
国際キャッシュカードを持っていけば、常に多額の現金を持って歩く必要はありません。
そのため、安全性はきわめて高いといえます。

 

国際キャッシュカードを落としたり盗まれたりしても、キャッシュカード会社に連絡をすれば、利用停止の措置を取ることができます。
また、利用停止措置前に使われたとしても、銀行口座の残高以上の金を使うことはできません。
被害を最小限に食い止めることができるというわけです。

 

そんなメリットの多い国際キャッシュカードですが、もちろんデメリットもないわけではありません。
国際キャッシュカードには、様々な種類があります。
国際キャッシュカードを使うときには、利用手数料というのがかかります。
この利用手数料が、引き出すお金の金額に関らず一定の金額がかかる場合、こまめに何度も引き出しをすると、結果として利用手数料が高くついてしまうということが、デメリットです。

 

このデメリットを解決するためには、クレジットカードを併用することです。
クレジットカードで支払えるところは、極力カード払いにして、どうしてもというときだけ現金にすれば、引き出す回数も少なくなります。

今話題!!便利でお得な換金方法!!
上級者はみんな使ってる♪

⇒キャッシュパスポートの申込みはコチラから♪