国際キャッシュカードとクレジットカードの比較※1番得なのはこれ!

国際キャッシュカードとクレジットカードの比較※1番得なのはこれ!

国際キャッシュカード※1番得なのは?

国際キャッシュカードは、日本にある銀行口座の預金を、滞在先の海外ATMで直に現地通貨として引き出せる利便性の高いカードです。
クレジットカードと同じく、その都度多くの現金を持ち運ぶリスクを回避でき、サポート制度もあって安全性も高いです。

 

国際キャッシュカードとクレジットカードの違い

ただクレジットカードと相違がある点としては、基本的にキャッシング機能がないので、厳しい入会審査がなく、金利の心配をする事がないという点です。
その代わり、国際キャッシュカードで現地通貨を引き出す際は、所定の出金手数料や日本円から外貨に両替する為替レートのタイミングも見計らなければなりません。

 

国際クレジットカード※1番得なのは?

また銀行口座の預金残高により、各会社によっては口座維持のコストも掛かってくる場合があります。
実は、国際キャッシュカードで現金通貨を引き出す際にかかるコストと、クレジットカードで現金をキャッシングする際の金利を比較すると、クレジットカードのほうが安上がりである事が現状では多いです。
その理由としては、国際キャッシュカードの両替手数料が年々高く設定され始めているので、直接クレジットカードでキャッシングした時のほうの金利が安く抑えられてしまうからです。
もし10万円以内の範囲で現地通貨を引き出したい時は、楽天銀行や新生銀行が発行する国際キャッシュカードなら出金が無料且つ両替手数料も2~4%と比較的低いので、クレジットカードと上手く使い分けていくのが一番良いでしょう。

今話題!!便利でお得な換金方法!!
上級者はみんな使ってる♪

⇒キャッシュパスポートの申込みはコチラから♪