国際キャッシュカード|1番得な外貨両替・換金方法・現金の持って行き方

国際キャッシュカード|1番得な外貨両替・換金方法・現金の持って行き方

国際キャッシュカードとは?

旅行といえばトラベラーズチェックというイメージがありますが、メリットが大きい反面、使いづらいという場合もあります。

 

トラベラーズチェックのメリットといえば、その両替レートの良さです。
これは様々な手数料がかかる国際キャッシュカードよりもはるかに優秀なため、金銭的な面で考えるとトラベラーズチェック一択といってもいいかもしれません。

 

ただし、トラベラーズチェックが満足に使える国というのは限られています。
アメリカなどはトラベラーズチェックを換金しなくても、直接買い物ができるお店が多いため、トラベラーズチェックの利便性を最大限に活かすことができます。

 

しかし、それ以外の国、ヨーロッパやアジアなどはまだトラベラーズチェックが十分に普及しているとは言い難いです。

 

こうした国々ではトラベラーズチェックを現地で換金する必要がありますが、時間の制限が厳しいツアーなどでは換金している時間があまりとれず、銀行や両替所がない場合も多いです。

 

よって、こうした国々ではより簡単にATMから現地通貨を引き出せる国際キャッシュカードのほうが使い勝手がよいといえるでしょう。

 

よって、両者の使い方としては、普段は国際キャッシュカードなどを利用してその都度ATMからお金を引き出し、免税店などトラベラーズチェックがそのまま利用できるお店で買い物をする予定の分だけトラベラーズチェックを持っていく、というのが効率的です。

 

 

国際キャッシュカードの使い方について

 

国際キャッシュカードは海外のATMでも日本と同じように現地の通貨を引き出せます。
カードの提携先がVISA系列ならばPLUS、MastercardであればCirrusのマークがついたATMを利用できます。

 

大抵の場合、1台のATMは複数のカード会社と提携しているので、PLUSかCirrusのマークはほぼ両方ついています。

 

ただ、当たり前ですがATMを利用するにはまず入金されていなければいけません。
海外旅行に出かける前などに必ず口座に必要な金額を入金しておきましょう。
このときにできれば一度カードで出金できるかどうか試しておいたほうがいいです。
新規発行のカードにはまれに磁気不良があり、使えないことがあるからです。

 

日本のATMと海外のATMは基本仕組みが同じなので、日本で引き出せれば海外でもほぼ使えると判断できます。
現地で使用不能なことが判明しても手のうちようがないので、海外に出かける前にカードに不具合がないかチェックしておきましょう。

 

また、あまり問題にはならないことかもしれませんが、海外のATMでは入金や残高照会が出来ないことがあります。

 

(残高照会は可能だが手数料がかかるというパターンもあり)
このあたりは日本のATMとは勝手が違うので、いざ現地で戸惑わないようにしましょう。

今話題!!便利でお得な換金方法!!
上級者はみんな使ってる♪

⇒キャッシュパスポートの申込みはコチラから♪